底辺五十代男のブログ

ワーキングプアの独身一人暮らし男性の日常

灯油難民

今の所に住んで、十数年が経つ


最初は、歩いて3分程度の場所に、24時間営業のガソリンスタンドがあった


そこまで歩いて買いに行っていた(実際の時間は、国道を挟んでいるので、待ち時間を


含めると10分以上かかった)


ある時真夜中に買いに行くと、閉まっていた。夜9時までの営業に変わっていた


更に数年後には、無くなってしまった


しょうがないので、灯油を配達してくれる店を探すと、1店しかなかった


その店に、ここ5年以上頼っていた


配達代がかかるが、止むを得ない(昔は車があったので買いに行っていたが、


18L/800円程度だった。今は、配達代込みで18L/1800円程度。泣く)


しかし今日電話すると、人手不足の為、日・祭日は配達しなくなったと言う


やばい


いずれ、灯油が買えなくなる日が来るかもしれない


今日はまだしも、エアコンでは冬の寒さは乗り切れないのだ


未来年表の本にも、灯油難民の事が書いてあったと思う


原油価格は高騰し、ドライバー不足。しかし賃金は低水準


格差のひずみは、日常生活にまで及びつつある

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。