底辺五十代男のブログ

ワーキングプアの独身一人暮らし男性の日常

悪魔はいるのか?

数年前に読んだノンフィクションで


  • バチカン・エクソシスト
  • エクソシストとの対話


という2冊の本がある


舞台はイタリア


人々の悩みを聞いたり、相談を受ける神父たちが大勢いる


神父の中にはエクソシスト、つまり悪魔祓い師もいるのだが、決して超常現象を


扱う訳では無い


また彼らのほとんどが、そういう類のものを見た事は無いと言っている


つまりイタリアでは、エクソシストとは一種のセラピストなのである


ただ中には、バチカンお墨付きの悪魔祓い師がいる


その悪魔祓いの様子も書かれているが、実際に悪魔がその人の体から出たところを


誰も見ていないので、その存在は当然不確定だ


だいたい神や悪魔の存在が証明できたら、人間社会は大パニックになるだろう


地獄の存在が肯定され、誰もそこへ行きたくないし、行くかもしれない事に恐怖する


宗教関連の本は、他にも読んでいるので、また書こうと思う


ただし俺自身は、ほとんど無神論者だ




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。