底辺五十代男のブログ

ワーキングプアの独身一人暮らし男性の日常

ジョーカーと沢崎とボンベロ

日本の小説では


  • 大沢在昌「ジョーカー・シリーズ」
  • 原寮の私立探偵・沢崎シリーズ
  • 平山夢明「ダイナー」


などが好きな作品


今年、14年ぶりに上梓された原寮の「それまでの明日」は、残念な出来だった


最近、ジョーカー・シリーズが出ていないのも残念


思うに作家というものは、スポーツ選手と同じで年齢とともに体力が落ちると、


作品のエネルギーも落ちてくる


簡単に言うと、つまらなくなる


沢木耕太郎がいい例だ


若い時は、素晴らしい作品が多かった


「人の砂漠」「敗れざる者たち」「一瞬の夏」など、乾いた文体で切れ味も鋭かった


余談だが、宇多田ヒカルの実父ではないかと一部のマスコミで噂された事がある


互いの才能を考えると、妙に納得してしまう



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。