底辺五十代男のブログ

ワーキングプアの独身一人暮らし男性の日常

何故かイーグルスを持っていない

ここまで書きそびれたCDを列記すると


  • フォリナー(産業ロックの雄)
  • ダイアー・ストレーツ(「マネー・フォー・ナッシング」が大ヒット)
  • キャロル・キング(「つづれおり」は名盤中の名盤)
  • カーペンターズ(アメリカの最後の古き良き時代)
  • アース・ウインド&ファイヤー(ディスコ全盛期には、かかりまくった)
  • リアーナ(歌唱力はズバ抜けている)
  • エイジア(プログレ界のスター達が結集。かなりポップになった)
  • ザ・パワー・ステーション(1枚目はかっこいいの一言)
  • ロバート・パーマー(ロックだけでなくゴスペル、ジャズ、ボサノヴァもこなせるボーカリスト。ザ・パワー・ステーションのメンバー。2003年に急死)
  • ジョージ・マイケル(ワムというアイドル・デュオでデビューしたが、後にソロに転向。転向後はいいアルバムを出している。2016年急死)
  • モービー(映画ジェイソン・ボーン・シリーズのエンディング曲、「EXTREME WAYS」目的で購入)


他にもまだあるが、気に入っているのはこんなところだ


あるラジオ番組で言っていたが、毎日世界のどこかで必ずかかっている曲は、


イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」だと言う


全く異論は無い


しかし、何故か俺はイーグルスを持っていない


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。