底辺五十代男のブログ

ワーキングプアの独身一人暮らし男性の日常

魔界転生

邦画は、洋画に比べると持っている枚数は少ない


20枚程度で、半分は黒澤明


椿三十郎が特に好きだ


あと松田優作のものや、小津作品がある


しかし一番好きなのは、この魔界転生だ


ラスト近くのクライマックスで、千葉真一演じる柳生十兵衛と、若山富三郎演じる


その父柳生宗矩との対決は、何度見ても面白い


番外①:持ってはいないが、全編セリフなしの「裸の島」は新鮮だった。でもよく


考えたら、トーキーの時代に作られた無声映画とも解釈できる


番外②:アニメはガンダム(最初の劇場版3作)だけ持っている


番外③:今までで一番泣けた映画は、アニメではあるが「火垂るの墓」かもしれない


ほんと泣ける。特に、幼い妹が衰弱して亡くなっていく場面は、涙無しでは見れない

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。