底辺五十代男のブログ

ワーキングプアの独身一人暮らし男性の日常

困った人たち

一般企業と福祉業界では、給与に大きな差がある


誤解を恐れずに言うと、働く人の能力も福祉業界は低い


ただ能力は低いが、老人や障がい者たちに好かれやすい素養を持っている


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2社目の障がい者施設では、利用者を「ちゃん」付けで呼ぶなと強く言われた


当然のことだ。今までした事もない


しかしその2時間後、俺にそう言った人は、利用者に「ちゃん」付けを連発していた


またある時、利用者が激しく職員に噛みつき、その行為が他の利用者や一般人に


及ぶ可能性があり、公共施設にその該当利用者を連れていくのは避けた方がいい、と


俺は意見した。訴訟が起きたら、施設のみならず該当利用者の家族にも迷惑をかける


何よりも、噛まれた人には災難だ(ハンパない噛み跡)


8割方の職員は、俺の意見に反対した


それはいい。意見のぶつかり合いは必要だ


最終的には、施設長判断で、公共施設にはその利用者は連れていかない事になった


俺としては当然の結果だと思った


そしてある時、俺の意見に反対した職員が、急に出社しなくなった


1ヶ月以上無断欠勤(のちに復帰)


あとでわかったその欠勤理由が、俺と一緒に仕事したくないから・・・(疲)


他にも似たような理由で、俺と働きたくないと言い出す職員がいた


すべて男性だった。かつ縁故入社組


今までは女性と合わなかったが、男性は初めてだ


施設は、無断欠勤や陰口を言う職員の方を重宝したいようなので、俺は陰口を


聞いたその日に、即退職を伝えた(退職日は1ヶ月後)


すべての職員がそうではないのだが、福祉はレベルが低い


そして俺は我慢が短い。だから転職が多い


施設を辞める時、俺は50代に入っていた



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。