底辺五十代男のブログ

ワーキングプアの独身一人暮らし男性の日常

生い立ち その1

関東某県にて生まれ育つ


田舎と都会の中間ぐらい


といっても、小学生の頃つまり昭和40年代は、近くに森があり


十分に田舎だった


小学3・4年生の頃、その森が削られ住宅地が出来た


戸建ての住宅街だ。何百も出来た(ただ最近は、空き家も目立ち始めている)


新しい中学校や、公園、小さい商店街も出来た(その商店街も今はあまり機能


していない)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。