底辺五十代男のブログ

ワーキングプアの独身一人暮らし男性の日常

すぐ読める文学作品3冊

ノンフィクションやミステリー小説ばかりでなく、文学作品もある程度読んだ


その中でも、ページ数が少ないものを挙げると


  1. 老人と海:ヘミングウェイ
  2. 異邦人:カミュ
  3. 変身:カフカ


の3冊だ


ほんと薄いので、1日で読めてしまう


ただ異邦人と変身の2冊は、不条理小説でもあるので、考えだしたらちょっと


止まるだろう


文学では無いが、以前「リアル鬼ごっこ」という小説を読んだ


普段なら読まない分野なのだが、あまりに増刷を重ねていたので、つい手に取って


しまった


読んで驚いた


あまりの稚拙さに・・・


内容もそうだが、文章力が低過ぎる


売れる本の傾向も、変わって来ているという事だろう






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。