底辺五十代男のブログ

ワーキングプアの独身一人暮らし男性の日常

何故だ!?メイウェザー!!!

大みそかに、那須川天心とフロイド・メイウェザー・ジュニアが戦うと言う 那須川は、RIZINの総合格闘家。まだまだ若い メイウェザーは、プロボクシングの元5階級制覇チャンピオンだ 全盛期は過ぎているが、かつてはパウンド・フォー・パウンド(全時代・全階級最強) の一人でもあった はっきり言って格が違う 世界的な知名度は、メイウェザーが圧倒的に上だ メイウェザーに、那須川と戦うメリットが見当たらない …

もう人が信じられない(笑)

俺とは、仕事をしたくない職員がいる その事は書いた 年配の女性職員Aだが、それに便乗してもう一人の年配の女性職員Bも、 同じ事を言い出した この女性職員Bは、前から問題のある職員で、このブログにも何度か登場した 俺が笑ったのは、年配の女性職員Aは、俺と仲がこじれる前は 若い女性職員Cが日曜日に休んでばかりでずるい(施設は365日稼働)、 と言っていたのに、その若い女性職員Cには、若いんだから日曜…

歳をとると、風邪のひき方も変わるのか

風邪をひいた ここ数日、人間関係や支援の仕方を巡るトラブルでの、職員や役員との話し合いが 多かったせいかもしれない いつもなら喉から始まり、治るのに2週間程度かかる ところが今回は鼻からだった しかも、具合が悪くなったのは2日前の深夜からだが、もう今日か明日には 治りそうだ 今日はジムに行って汗を流した方が、治りが早いかなぁ とにかく健康が一番だ

俺とは仕事をしたくない職員の話

施設で女性職員を注意していたら、俺とは仕事をしたくないと言われた 思うのは自由だが、利用者の前で言うべきでは無かった 俺が席をはずした後、利用者(軽度の知的障がい者)に俺の悪口を言い始めた 最悪だ 利用者に職員の悪口を言うなんて、下の下だ 俺が注意したのは、てんかん発作のある利用者に対する対応が間違っていたからだ 理事長には、異動願を出し、施設の職員のレベルの低さを指摘した この法人自体が自分に…

デビルマン

俺のマンガのバイブルは「あしたのジョー」だが、それに次ぐのが「デビルマン」 最初はTVアニメだった TVではデーモン族の勇者アモンが、人間不動明の体と心を乗っ取る しかし原作は全く逆で、人間不動明がアモンの体と心を乗っ取る またこの乗っ取りは、サタンが人間不動明を愛してしまい、人類が滅んだ後も 生き残らせたいが為に仕組んだものだった サタンはかつて神々との戦いに勝ち、永い冬眠に入ったが、目覚める…

半チャーハンとラーメン

近所にうまい中華料理の店がある チェーン店ではない 親父と息子でやっている 俺は月に1~3回行くが、半チャーハンとラーメンを頼む事が多い その半チャーハンが抜群にうまい で時々、チャーハン単品かチャーハンの大盛りを頼む すると何故か、味が薄くなる 俺の味覚や体調のせいか いや、そうは思わない ここの冷やし担々麺もなかなかうまいのだが、時々そうでもない時がある これは俺の体調のせいだと思う 以前住…

スズメバチ

さっき洗濯をした ベランダ(7F)に洗濯物を干した 近くにスズメバチが寄ってきた 怖い 俺は比較的怖いもの知らずだが(場合によってはヤクザ相手でも引かない)、ハチは怖い あとゴキブリも苦手 近くに大学の園芸学部と森があるので、天気の良い日にはよく虫が飛んでくる 洗濯仕立てのパンツをはいたら、アブラムシが入ってた事もある 皮膚が、かぶれてしまう ましてアトピーだ 皮膚疾患や糖尿病があると、いろいろ…

同級生の死

高校の同級生(クラスメイト)は、今まで3人亡くなっている 40人程度の人数で3人だから、結構死亡率は高い 俺の知る限りの人数だから、実際はまだあるのかもしれない 3人のうち1人は、20歳ぐらいの時に交通事故で亡くなった 2人目は30代の時で、奥さんが朝起こしに行ったら、布団の中で亡くなっていたそうだ 3人目は去年、50歳で亡くなった。心筋梗塞だった 中学の同級生で、在学中に亡くなった者もいる 中…

従姉が死んだ

従姉が亡くなった 俺とは年が離れていて10コ以上、上だった 旦那さんと、社会人の娘さんがいたと思う もう10年以上会っていなかった 最後に会ったのは、父の葬儀の時だった 香典も電報もいらないと言う 独身の俺が死んだら、葬儀も行われないかもしれない いっそ葬式なんて、無い方がいいのにと思った

ノンフィクションが好き その2

以前にも書いたノンフィクションの本について、気に入った本を更に追加する ルポ 出所者の現実:少し前のニュースで、塀の無い刑務所(造船作業所)から脱走した受刑者の事を報道していた。様々な全国の刑務所を紹介している 加害者家族:加害者の家族の生きづらさ 「カルト宗教」取材したらこうだった:セックス教団やUFO教団、パナウェーブなど色んなカルトを取材している。面白いがこの筆者(藤倉善朗)の本は、他に出…